カテゴリ:妊娠~つわり編( 1 )

今までで一番辛かった時期

妊娠がわかったのが4週で、つわりが始まったのはその翌週の5週のことでした。
つわりは母親に似るとよく言われるそうで、私の母親はほとんどつわりを経験しなかったそうで、気楽に考えていました。

つわりの初めはなんだか気持ち悪いなあぐらいで、まあこれくらいならなんとか平気っていう感じだったし、病院は歩いて行ける距離にあったので、それくらいなら大丈夫でした。
ところが、まず油系が食べられなくなって、そのうちよくドラマとかでもある「うっ」って感じで吐き気がするようになりました。
食欲も落ちておかゆとかしか口にいれられなくなって、日中はソファに寄りかかって寝ている日が続きました。そのうちおかゆも食べられなくなって、果物やゼリーだけ食べる日が続いて、食事も作れなくなったので、パパには外食をお願いすることになりました。
もちろん買い物にもでられないので、買い物はパパに仕事帰りに買ってきてもらって、診察は途中から土曜日に変更してもらってパパにつれていってもらっていました。

ちょうど真夏に入りどんどん暑くなっていく時期だったので、それとともによけいひどくなってしまいました。
気持ち悪くて歯もみがけないし、お風呂は恐くてパパのいる朝に入るようにしていました。
つわりは12週くらいで終わるってきいていたので、毎日あと何週間ってカウントダウンしていたくらいです。でも、逆に悪くなっていく一方で、固形物が食べられなくなり麦茶など味のある液体でさえ体がうけつけずに吐いてしまうようになりました。なので、一日中ベットに横になり、あとはトイレとお友達状態・・・。体重も5週から13週で5キロも落ちてしまったため、結局入院して点滴をすることになりました。
2日半24時間点滴をしたら、だいぶよくなりっておかゆが食べられるようになって、1週間の入院で食事がとれるまでに回復しました。
その後、ちょっとしたお惣菜のにおいとかご飯の炊ける匂いは気持ち悪く感じたりしましたが、少しずつ復活していくのでした。
ちょうど入院中にとったエコーでユウが笑っているようにみえて、励まされたのでした☆
ちょっとわかりずらいなあ・・・。

e0088581_11254272.jpg


変なあそび
[PR]
by olive-1212 | 2005-12-13 11:29 | 妊娠~つわり編